プチ断食中のしょうが紅茶・嬉しい効能3つ♪

皆さんは、しょうがのとっても素晴らしい効能、活用していますか?味方に付けていますか?

活用・味方にしていないなんて、とっても勿体ないんです!

今回はデトックスがより効果的に出来る様になる、プチ断食中のしょうが紅茶の効能についてご紹介いたします。

☆低体温の恐ろしさ!

最近、身体を温める事の大切さをこれでもかという位、テレビや新聞や雑誌などでよく見かけませんか?

見かけますよね!それもそのはずなんです。だって、だって、命に関わる事なんですもの!

頭痛・肩こり・腰痛・めまい・インフルエンザ感染・不整脈・脳梗塞・ガン等など、発症してしまう根本をたどると、身体の冷え・血液の滞りが原因だと、ひっくるめて言えてしまうからなのです。

ねっ、命に関わる事ですよね。ですので、身体を芯から温める事がとても大切なのです。

では、日頃から体温が何度位である事が理想的なのでしょうか?

それは、36,5℃~37,0℃位だと言われます。ありますか?ぜひ計ってみて下さい。

と言うのも、近年では平常の体温が35℃台の方がとても多い事が特に問題視されています。よく耳にする、低体温ですね。

(実は私自身も、以前までは35℃台の女でした。)

なぜならば、35℃位というのは、ガン細胞が一番快適に感じるために、最も増殖しやすい体温と解明されているからなのです。また、それ以外にも免疫力が極端に低い傾向にあるので、すぐに風邪をひいたり、頻繁に体調不良を引き起こしてしまいやすいのです。

その事からも分かる様に、身体を芯から温めて、理想的な体温を継続・維持出来る様にする事は、とても・とても大切なのです。

私自身も、特別で難しい事をするのではなくて、日頃の食事・食材選び・温かい飲み物での水分摂取・お風呂の入り方などを見直し、良くなる方法を習慣化するように意識して、簡単に体温改善をする事が出来ました。

日々、自分の身体・体温と向き合って、体調管理を心掛けていきましょう!

☆しょうがのミラクルパワー!

3adf6467487dea796088ea058453d37f_s

身体を温めるために絶対に無視してはいけない食材、それはやっぱり!しょうがです!

しょうがには身体を温める作用があるのは皆さんご存知ですよね!

ではその作用を余す所なく、しっかり活用しましょう!

まず、しょうがは生で摂取するのと、火を通して摂取するのでは効能がが違ってくるのです。

生の場合………ジンゲロールという成分によって、免疫力を高める作用があります。

加熱した場合……ショウガオールという成分によって、身体を温める作用があります。

生と加熱でこの様に働き・効能が違ってきます。またこの様に知ると、暮らしの中で何気なく見かけている事の理由に納得が出来るのです。

たとえば、お寿司のそばに添えてある物と言えば、酢漬けの生しょうがではないでしょうか?

これは、お寿司は生ものですので体調次第では、腹痛などもお越し得るためそれを防ぐ意味でも、食事の合間に生のしょうがを食す事で、ジンゲロールの成分がバリアを張ってくれ免疫力を高めてくれる事で、対処出来る可能性が上がるという訳ですね。

また、風邪を引いた時・悪寒を感じた時に飲むと良いとされる物には、しょうが湯のイメージはないでしょうか?

こちらは、身体の体温を上げたい事が優先ですので、しょうがを加熱して摂取する事でショウガオールの成分が活躍してくれて、素早い体温上昇が見込めるという事になりますね。

この様に火を通して摂取した場合と、生で摂取した場合とで効能が違い、またどちらの効能も健康的な身体を作り、維持するためには必要な働きですよね。ですので偏った使い方ではなく、どちらの使い方も積極的に、取り入れられるのをオススメします。

☆常備しょうが!

これだけ嬉しい効能があるしょうが、日頃の食事に取り入れない訳にはいきません。

ですが、忙しいと案外取り入れる事が出来ません。そこで下準備をしておいて、いつでもすぐに料理に使える状態で常備しておきましょう!

その方法をお伝えしますね。

♪しょうが玉

買ってきたしょうがの皮を軽くたわしでこすり(気にならなければ皮ごとでOK)、あとはすべてすりおろします。そして、一回の料理に使いたい大きさ位の玉にして、蓋付きの容器に一塊ずつ並べて冷凍庫で保管。これで完成です!簡単です!

そうしておけば、温かいお味噌汁やスープなどを作った時に、ポンッとすぐに一緒に入れる事が出来るので、即解凍されてとっても便利です。またいつもと同じ料理でも、一味違うバージョンで料理を味わう事が出来るので、レパートリーが増えた?事にもなるので楽しめます。

♪酢しょうが

買ってきたしょうがの皮を軽くたわしでこすり(気にならなければ皮ごとでOK)、みじん切りや千切りなどお好みのサイズで切ります。そして瓶の容器を熱湯で殺菌し、きちんと乾かしたら切ったしょうがを入れて、あとは全てが浸るまで酢を入れます(リンゴ酢・黒酢など、糖分が入ってなければ何でもOK)。あとは冷蔵庫で保管。これで完成です!酢に浸しているので長期間の保存が余裕で可能です。

こちらは火を通さない料理の場合にも、すぐ使えるのでとても便利です。薬味として使えるのはもちろんですが、酢に漬けているにも関わらず、料理の味に一切邪魔になる事はないので、何の料理でも使えるのでとってもオススメです。

一度準備しておけばすぐに使える状態になっているので、毎日の料理に取り入れやすくなって、しょうがの効能をどんどん自分の味方に出来ますよ。

☆しょうが紅茶・3つの効能!

これほどの効能、プチ断食に取り入れない訳にはいきませんよね!

なぜならプチ断食の目的とは、体内の毒素・不要な物質を体外に押し出す事=デトックスですもんね。

となると、このしょうがの効能が見事に発揮されるのが、プチ断食中の水分摂取、リラックスタイムにしょうが紅茶を活用する事なのです。

そもそもコーヒーというのは身体を冷やす飲み物です。その反対に身体を温める作用があるのが紅茶です。身体を冷やしていては思う様にデトックスも出来ないため、プチ断食中に選びたい飲み物はやはり紅茶ですね。

と言うことは、しょうがの良いとこ、紅茶の良いとこ取りがが出来る『しょうが紅茶』を思いっきり活用して、思いっきり味方に付けましょう。

なぜならば、しょうが紅茶を飲む事で

①体温を上昇させやすくなり、理想体温を継続・維持出来やすくなる。

②ですので体内の血液が、足先・手先・頭まで滞りなくスムーズに流れやすくなり、老廃物までも運び出しやすくなる。

③更にはサラサラの血流のお陰で、胃腸の内壁の血行までも活発になり消化・吸収作用を高めてくれて、排泄が効率良く出来やすくなるので、デトックス効果がより上がるのです。

まぁ、何てデトックスに心強い作用でしょうか!

この3つの作用は見事な連携プレーで、どれか1つでも欠けてしまうと、上手く作用しなくなってしまいますよね。ですので、この働きが低下しない様にするためにも、手軽に取れるしょうが紅茶をどんどん活用して頂きたく思います。

プチ断食をよりストレスなく実践出来る様にするために、しょうが紅茶で優雅にリラックスタイムを作って、無理のないプチ断食を行い、デトックス効果を挙げていきましょう。

しょうが紅茶は、美女を作り上げる魔法の飲み物です♪

しっかり活用して、しっかり味方に付けましょう♪

 

こちらの記事も、ぜひご覧下さい!

↓↓↓

プチ断食後の回復食にオススメスープ・3選♪